鼻づまり解消

鼻づまり解消法は難しい。薬や漢方に頼ると点鼻薬が効く

 

性別 女性
年齢 29歳
職業 パート事務員
私の工夫は・・・

 

 

物心ついたときからだが、大学生になってからひどくなった

 

もともと、風邪をひくと鼻からくるタイプだったのですが、大学生になり、山の中にあり自然に囲まれた学舎に通うようになってからいっそう鼻づまりがひどくなり、内科に行って薬を貰っても治らずに、耳鼻科に行ってみたところ、花粉症だと診断されてから鼻づまりがより気になりだしました。
鼻を人前で何度もしゅむには恥ずかしいし、鼻が痛くなるし、テッシュで何度もしゅんでも鼻水もほとんど出ないので苦しいし、夜は鼻づまりのせいで目覚めてしまったりして眠れないという日々が続くこともあり、それが嫌で花粉症がおこる3月から6月の時期は地獄で、皮膚科に通っていますが、幾ばくか皮膚科に通えばマシになる程度でお金もかかるし、花粉症は完治が難しくて、一生付き合っていかなければいかないのが嫌で、どうにかいい薬が開発されることを願っています。
春なのに、マスク・マフラー・眼鏡が欠かせないのが嫌です。

 

 

とにかく薬を頼り、加湿器などを使用して淀んだ室内の空気を喚起する

 

とにかく薬を頼り、加湿器などを使用して淀んだ室内の空気を喚起する

外出や仕事中など、症状がひどすぎるときは風邪薬の鼻にいい薬を服用しています。
花粉症の時期は皮膚科に通っているので、処方された薬を服用しています。
毎晩眠るときは自室に加湿器2台を置いておき、一晩中換気をしています。
新聞紙の上にお湯を半分程度入れた洗面器を置き、その中にタオルを入れて置くことで空気が換気されると友人から聞いたので実践してみたところ、やらないよりはマシのような気がしたので、ひどい症状の時はそれを実行して寝るようにしています。
しかし、一番効果があるのは点鼻薬なので、説明書に記載されている回数を守って、定期的にさすようにしています。
外出時はカバンに入れて、トイレなどでさしています。鼻づまりに効くとされる飴もいつも持ち歩いて食べるようにしています。

 

 

朝までぐっすり眠りたいし、花粉症の時期にマスク・マフラー・眼鏡をかけずにオシャレを楽しみたい

 

点鼻薬の効き目が切れて、また点鼻薬をささなければ眠れないような、鼻づまりのせいで夜中に起こされることなく、朝までぐっすり眠りたいです。
外出時にカバンに、飴や飲み薬や点鼻薬を入れて持ち歩いているので、その荷物を入れるために大きめなカバンにしているので、荷物が減ったぶん、小さいカバンを持ち歩きたいです。
春はオシャレを花粉症のために楽しめずに、変な格好にならざるえないので、マスク・マフラー・眼鏡がなくなったら、もっとメイクやオシャレが楽しめると思うので、自分に自信が持てるし、何かがいい方向に変わると思います。

 


【人気記事】
鼻づまり解消法公開!薬や漢方に頼らない、効く方法とは!
薬や漢方といった医療に頼らない、鼻づまりの解消法を紹介。あなたに一番効く方法を見つけスッキリ生活を。また一押しのえぞ式すーすー茶の詳細も紹介中。

トップページ 鼻呼吸役割 鼻づまり解消法 鼻づまりの弊害 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎