鼻づまり解消

夜の入浴療法で鼻づまり解消法中!薬や漢方に頼らない、効く方法

 

女性
49歳
会社員(事務)
私の工夫は・・・

 

 

小さい頃から、鼻炎

 

今、思い起こせば、まだ花粉症という呼び名をほとんど聞かない頃から、春先になるといつも鼻づまりやくしゃみ、鼻水に悩まされていました。
まわりの友達はそんなことないのに、私だけずっと鼻声。
風邪も引いてないし、蓄膿症でもない。
年中鼻がつまっている訳ではなく、春先限定です。
これは、明らかに花粉症ですよね。
私の実家は宮崎県です。海のすぐそばで杉山が近くにあることもなかったのですが、なぜか、若干7歳ぐらいで発症しちゃったのですね。
まわりには、私意外には父親が同じ症状でした。遺伝でしょうか。
たぶん、同級生たちから見ると、なんで春先になると、私だけが鼻声で、いつも鼻水垂らしているんだろう、と不思議だったと思います。
私自身も、原因はわからなかったし、春先には、鼻づまりがおこるものだとあきらめていた感もありました。
今考えると、あんな小さい頃から、よく我慢してたなあ、と思います。

 

 

夜の入浴療法

 

夜の入浴療法

春先の鼻づまりや鼻水をそのままにしておくと、日常生活に支障がでました。
仕事の時は、鼻声だとお客様との電話対応もできませんし、通勤バスでくしゃみが止まらなくなったらまわりに迷惑だし。
耳鼻咽喉科に通院して、春先のシーズンは、薬を処方してもらっています。アレルギーのお薬です。
一日一回、朝必ず飲んで、症状がでるのを抑えています。日中の対処法です。
夜は、病院おすすめの方法を実行しています。鼻づまりにとても有効な入浴療法です。
ゆっくり肩までお湯につかります。目を閉じて、湯気を鼻から吸ってリラックス。
最後は、お風呂でお行儀が悪そうですが、鼻をチーン。
ティッシュペーパーで鼻をかむよりも抵抗が少なくお肌にやさしいし、スチーム効果のおかげで、鼻の奥から鼻水をしぼりだせる感じがして頭の中がスッキリします。
ちょうど、夜寝る前は薬が切れる頃ですが、この入浴療法を取り入れることによって、薬なしでも鼻づまりせずに睡眠できます。
ただ、夜更かしすると、やっぱり鼻づまりしちゃいますので、お風呂あがりはなるべく早く就寝するように心がけています。

 

 

鼻づまり気にせずゴルフに行きたい

 

春先は、必ず鼻炎の薬を常用しているので、眠気を催すことがあります。
だから、長い距離の車の運転は控えるようにしています。
ゴルフは、年間6回位は行ってますが、春は控えています。
ゴルフ友達から、春のゴルフ場は、色んな花が咲き乱れてすごく綺麗だよ、って言われます。特に桜のシーズンは、ゴルフ場でお花見ができる位に見事なコースもあるそうです。
一度経験してみたいなあ、と思います。

 


【人気記事】
鼻づまり解消法公開!薬や漢方に頼らない、効く方法とは!
薬や漢方といった医療に頼らない、鼻づまりの解消法を紹介。あなたに一番効く方法を見つけスッキリ生活を。また一押しのえぞ式すーすー茶の詳細も紹介中。

トップページ 鼻呼吸役割 鼻づまり解消法 鼻づまりの弊害 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎