鼻づまり解消

鼻づまり解消法や薬・漢方に頼らない!副鼻腔炎を理解しよう

鼻づまり解消法や薬・漢方に頼らない!副鼻腔炎を理解しよう

 

副鼻腔炎とは、鼻づまりとは鼻づまりの原因で最も考えらるのがこの副鼻腔炎です。
逆を言えば、副鼻腔炎の症状で多く見られるのが鼻づまりと言う事です。

 

副鼻腔炎は多くの人が鼻づまりで悩まれる症状で、副鼻腔が炎症して膿が溜った事をそう言います。

 

この副鼻腔炎になると、普通の鼻水(無色透明のサラサラした)、風邪の鼻水とは違い、色の付いた(黄色)ネバっとした鼻水が多くみられ、時にはもっと濃い色の鼻水もみられます。

 

最初の頃は、クシャミや鼻をかむ事で一時的に鼻づまりが収まる事もありますが、粘膜の腫れも起こり始めると、空気通る鼻腔も狭くなり、かんでもかんでもまだ鼻水があるという感覚が残り始めます。

 

そして、鼻腔が狭くなると鼻の基本的な機能である「におい」についても感覚が鈍くなり、それに合わせ「味」も鈍感になり、「味覚障害」を発症する事もあります。

 

 

副鼻腔炎になる原因は、風邪や花粉、アレルギーなどありますが様々ありますが、最も多くなる主な原因は風邪が多いようです。

 

この副鼻腔炎にならない解消法となれば、やはり鼻に不要な物を入れないようにする事が大事になり、簡単に言うと風邪を予防する事が一番の近道になるかおと思います。

 

 

また、単に 副鼻腔炎といっても大きく分けて2種類あり急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎がありますのでご参考に。

 

 

急性副鼻腔炎

呼んで字のごとくですが、慢性化していない状態で一時的に発症する副鼻腔炎の事を言います。
※期間:1〜2週間程度 長くて30日以内

 

慢性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎が何回も繰り返されたり、長引いてしまったり(大体3ケ月以上)すると、急性副鼻腔炎と区別して慢性副鼻腔炎と呼ばれます。
俗に言う蓄膿症の事で、長引けば長引くほど副鼻腔炎の症状が悪化を招く事もあります。

 


【人気記事】
鼻づまり解消法公開!薬や漢方に頼らない、効く方法とは!
薬や漢方といった医療に頼らない、鼻づまりの解消法を紹介。あなたに一番効く方法を見つけスッキリ生活を。また一押しのえぞ式すーすー茶の詳細も紹介中。

トップページ 鼻呼吸役割 鼻づまり解消法 鼻づまりの弊害 副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎